あるエンジニアのAtCoder奮闘記

東京都港区にあるアミフィアブル株式会社のエンジニアが、AtCoderで解いた問題について振り返ったりしていく会社公認のブログです。

AtCoder AGC 037 A - Dividing a String (Go)

irisruneです。ふとデザインを変えたいと思いましたが、ある程度まとまった時間を取らないと難しいですね。 問題 atcoder.jp 最多の分割を行うための方針は結構単純です。実は嘘解法と化していたことに後で気付きました。 package main import ( "bufio" "fm…

AtCoder ABC 138 E - Strings of Impurity (Go)

irisruneです。久々に比較的易しめなE問題だった気はします。 問題 atcoder.jp 発想力が占める比重がかなり大きい気はします。 package main import ( "bufio" "fmt" "os" "sort" "strconv" ) var sc *bufio.Scanner func nextInt() int { sc.Scan() i, e :=…

AtCoder ABC 138 D - Ki (Go)

irisruneです。休暇を過ごした人もそうでない人もまた心機一転していきましょう。 問題 atcoder.jp 木構造に慣れていれば単純化しやすい問題ですが、計算量には気を付ける必要があります。 package main import ( "bufio" "fmt" "os" "strconv" ) var sc *bu…

AtCoder ABC 137 C - Green Bin (Go)

irisruneです。前回のコンテストは色々あり2完で-91(1292→1201)と大変冷えました。 問題 atcoder.jp 解き方自体は発想さえできればといったところですが、言語のソート仕様によっては実装が面倒になります。 実はこの提出コードはAC時のものではありません…

AtCoder Tenka1 Programmer Contest C - Align (Go)

irisruneです。お盆休みのある人もいたり学生さんは夏休みだったりしますが、よい休暇を過ごせるといいですね。 問題 atcoder.jp なんとなくでも解法が見えそうな問題ですが、証明が難しかったり落とし穴があったりします。 package main import ( "bufio" "…

AtCoder ABC 136 E - Max GCD (Go)

irisruneです。問題の解説など試行錯誤していますが、アドバイスや感想などコメントを貰えると嬉しいです。 問題 atcoder.jp あることに気付かないとどうにも方針が立てられないので、かなりパズル要素が強い問題だと思います。 package main import ( "bufi…

AtCoder ABC 136 D - Gathering Children (Go)

irisruneです。日曜開催は予定を合わせるのが難しいです。 問題 atcoder.jp 大体こういう異様に大きな数字が出てきた時は剰余に注目すればよいですね。 package main import ( "bufio" "fmt" "os" "strconv" ) var sc *bufio.Scanner func nextInt() int { s…

AtCoder AGC 002 B - Box and Ball (Go)

irisruneです。久々の過去問回です。 問題 atcoder.jp 突き詰めればただシミュレートするだけの問題で、操作によってどのような挙動を示すのかを把握できれば解くことができると思います。 package main import ( "bufio" "fmt" "os" "strconv" ) var sc *bu…

AtCoder ABC 135 D - Digits Parade ※解説AC未遂 (Go)

irisruneです。今回は解説ACすらできていないという困った状況です。 問題 atcoder.jp 全探索は途方もない組み合わせ数になり、10進数に対する13で割った剰余なので右何桁かを見てある程度決まるということもないという、かなりアプローチに困る問題です。 p…

AtCoder ABC 135 C - City Savers (Go)

irisruneです。ABC135参加はしましたが…D問題以降が解けずNoSub撤退をすることになりました。 問題 atcoder.jp 逆から解く必要があるように見えましたが全くそんなことはなかった問題です。 package main import ( "bufio" "fmt" "os" "strconv" ) var sc *b…

AtCoder ABC 134 E - Sequence Decomposing (Python)

irisruneです。最近晴れることが多くなりましたが、週末を狙って台風が来るのは辛いですね。 問題 atcoder.jp どのようなアプローチで解けばよいかが思いつきにくい問題だと思います。 import sys import bisect import collections def input(): return sys…

AtCoder ABC 134 D - Preparing Boxes (Python)

irisruneです。とりあえずABC134のD,Eはどうにかなりました。 問題 atcoder.jp 計算量の見積りが大変難しい問題です。また、逆から解くというアプローチが求められます。 import sys def input(): return sys.stdin.readline().rstrip() def main(): n = int…

AtCoder AGC 036 A - Triangle (python)

irisruneです。Rustはきちんと勉強してから使わないと厳しい言語だと認識したので、しばらく温めることにします。 問題 atcoder.jp あまりにも数学要素が強い問題ですが、アルゴリズム面でも少々癖があります(というか癖を出してしまいました)。 import sy…

AtCoder AGC 035 A - XOR Circle ※正攻法 (Rust)

irisruneです。一応Rust第2回です。 問題 atcoder.jp 300点問題ですが、正攻法で解こうとすると考慮すべきケースを整理したり実装がやや面倒だったりと厄介な問題です。 use std::collections::HashMap; fn main() { input!{ n: usize, la: [usize; n] } let…

AtCoder AGC 035 C - Skolem XOR Tree (Rust)

irisruneです。Rust第一回ですが、余りにも茨の道すぎて早くも最終回が近い予感がしています。 前置き Rustは入力がかなり難解なので下記サイトよりマクロを拝借しております。中身はほとんど理解できていません。本ブログ上では記述を省略します。 qiita.co…